『瞑想と作務の生活』【 5/2-31 限定 】

 日々瞑想しながら、
作務(作業)に取り組む方を求めています \(^^)/
△ 日々瞑想して過ごしたい、瞑想を深めたい方、
△ 瞑想は初めて、この機会に体験してみたい方、
  歓迎です。(初めての方には瞑想法教えます)
   ご利用ください。 \(⌒∇⌒)/

メディィテーション・スペース
瞑想は副作用なく免疫力・自然治癒力を高める万能薬です。
瞑想を日々の生活に取り入れ、心身の健康維持・増進、
本来の自己にめざめ、内なる根源の力を養います。


■場所 石裂山瞑想の家
 〒322-0254 栃木県鹿沼市上久我1842
 
 峡谷沿い最奥、深閑たる森の中の施設です。

石裂山瞑想の家
石裂山瞑想の家

 

■5月2日~5月31日 【期間限定】
※瞑想会等で 『瞑想と作務の生活』を
実施しない日があります。 
詳しくは問い合わせください。

■日程
7:00~    瞑想
10:00~ 食事
12:00~    作務 (~14:00)  
15:30~ 瞑想
18:30~ 食事
20:00~ OSHO講和(ビデオ)or瞑想
※日程は変更することがあります。

■ 費用は3000円/日(食費込) 
食事は準備・調理・後片付など共同で行います。

ダイニングキッチン
ダイニングキッチン

 

生活上のことはこちらを参照ください

アクセスはこちらを参照ください。

■問合せ先はこちらです

申し込み先はこちらです
「瞑想と作務の生活を希望」と書き込み、
    必要事項を書き込んで送信ください。

■作務(作業)の内容
*土石流予防柵の設置
*草刈り・草むしり
*屋内屋外の環境整備の活動

※作業内容は相談のうえ決めます。
※静かな山中での作業です。
息を整え心身を見守りながら取り組みます。
作務(作業)もまた瞑想となります。
関心のある方、やってみようという方!
連絡をお待ちしております。 v(^-^)v

作務の内容についてのコメント
2015年秋、鬼怒川が決壊しました。その時、瞑想の家の西沢に土石流が走りました。

そのあと土石流被害を防ぐための窪地を造成しました。
昨年2019年10月12日台風19号襲来時に、同じ西沢に土石流が走り、
造成した窪地を埋め、乗り越えて、建物の周辺に土砂汚泥が到達しました。
幸いにも建物本体は難を免れました。
その後、行政当局に請願、訴えましたが、当局の対策は当分講じられないと分かり、
この夏秋の豪雨シーズンを控え、
もはや放置して、成り行きを手をこまねいて見ている状況ではなくなりました。
自ら土石流を予防する措置を講じることにしました。
土石流の予防柵を沢の下流から上流に設置していきます。
2度の土石流で、川床と両岸が抉られ、土砂が動きやすくなっています。
土石流では上流の土石が下流の土石をも巻き込んで一斉に大量に流れ下ります。
一斉に流れ下らないように、土石が動いてもすぐに止まるように、予防柵を多数設置します。

★試験的に作成した予防柵です

作業では、杭打ち、重いものを人力で運ぶことがあり、
男性しかできないかもしれません。
女性でもトライし、協力できる可能な作業あれば、参加できます。
静かな山中の小さな沢(…ふだんは静かな小川です)での作業です。
その他の作務には草むしりなど男女を問わない作業も今後あります。
全体の作業量は、この冬から春にかけての薪造りに比べると少なく
作務(作業時間)は1日2時間です。
このコロナ禍のこの時期ならでは、
瞑想と作務に取り組む方々の心身の健康維持増進をはかりながら
瞑想の家の災害予防・維持存立へ支援、助力を賜れば幸いです。


■『瞑想と作務の生活』これまでの参加者の感想

☆筋肉痛にはなりましたが、とても良い経験でした。
運動+自然+規則正しい生活で
肌もすっかり健康になりました。
もっと長くいたかったです。

☆頭のモヤモヤ心のザワザワを解消できました!
メディテーションをすると自分の身体の古傷が痛む感覚があり
「治ってないんだなぁ」と思いました。ちゃんと治すことに専念しようと思え、
とてもすがすがしい気持ちです。

☆日常はデスクワークなので、明らかに運動不足です。
たまに、からだを動かすと、とても、すがすがしい気持ちになります。
とくに、川のせせらぎを聞きながらする作務はとても気持ちがいいです。
自然の中にいるのだと、実感します。
作務のあとのシャワーは特別な爽快感があります。
また、作務のあとの瞑想は、自分をより深く奥へといざなってくれるような気がします。
作務と瞑想は、やはり密接にかかわっているような気がします。

瞑想の家近くの景色
瞑想の家近くの河原

 

☆初めて、今この時を見つめられたと思います。
瞑想の家に来たいと前から思っていました。
勇気を奮い申し込みましたが、来て本当によかった。
瞑想を学べたこと、出会いを持て話をしたこと、瞑想の家のすばらしい環境、
これらを知れたことで、私は助かったと思います。
過去未来に囚われず、マインドに囚われず、瞑想を続けながら今を見つめてみたい。
都内でもわりあい近いところに住んでいます。何かありましたら声をかけてください。
また来ます。 ps 美味しい料理をいただくばかりでした。私も調理をやってみます。


☆東京で生活していると、どうしても根源のエネルギーを忘れてしまう。
今回は都会では難しいメゾットをやろうと計画し、10日間毎日ダイナミック瞑想を行ってみた。
合間合間に石裂の自然のなかで祈り、腹のセンターを意識しながら作務を行った。
リトリートのなかで次々と心の垢が出た。意識にはのぼらなかった幼い頃の囚われに気づかされた。
また額にエネルギーが強烈に集まったり、身体感覚がなくなり空間に広がって行く高揚感も体験した。
しかし都会に帰って残ったものは、息を見守り座ることで、もたらされる静寂と安らぎだけだった。
それはあの山の静けさであり、自然のエネルギーと同じ質をもったものだ。
今も仕事から帰り、息を見守りながらただ座り、静寂に安らぐよう努めている。

☆5泊6日、流れる川の音を聞きながらの作業でした。
人も車も殆ど通らない環境でしたので、何も気にする必要もありません。
作業中は、自分の中に 無 の時間がありました。
それを見つめながら、黙々と作業をしていました。
肉体労働でしたので、疲れはしますが、
単純に肉体だけの疲労でストレスはありませんでした。
午後の3~4時間の作業なので、その日の瞑想や次の日への影響はありませんでした。
食事込みで2000円で料金も安く抑えることができ、瞑想方法も快く教えてくださいました。
凄く良い体験ができました。また、行きたいと心から思えました。
おすすめです。

☆なんだかスッキリした気がします。瞑想は初めての体験でした。
ムダなことは考えず、リラックスし無心になるのは苦労しましたが、
普段の生活で、自分の意識がどれだけ多くの情報に支配されているのか、
ということを感じました。
(高校の卒業式を終えたばかりの方)

☆ 3日間、お世話になりました。
瞑想している間や作務をしている間、仕事のことなど忘れている自分がいました。
素晴らしい時間でした。
(20歳代の忙しく働いているビジネスマンの方)

***********************************
瞑想・芸術・癒し 空間
石裂山(ozakusan)瞑想の家
〒322-0254 栃木県鹿沼市上久我1842
https://ozakusan.com/
***********************************